合成界面活性剤と肌の関係

合成界面活性剤って?

合成界面活性剤は人類が開発したものの中でも大ヒットした発明といえるでしょう。あの有名な食器洗剤や、テレビCMでも話題のあのシャンプーやトリートメントも合成界面活性剤を含んでいるかもしれません。

 

でも、この合成界面活性剤は世紀の大発明でもあると同時に、私達の体には相性が良くない場合もよく耳にします。

 

では、一体合成界面活性剤の何がいけないのでしょうか?

 

カミソリでムダ毛処理をする時、合成界面活性剤入りのボディソープや石鹸を使うべきではない理由を説明します。

 

 

 

合成界面活性剤とは?

ボディーソープ

私達の身近な生活に必要な商品の多くに合成界面活性剤は含まれています。

 

例えば、洗顔料、クレンジング剤、ボディソープ、石鹸、シャンプー、歯磨き粉、洗濯洗剤、食器洗剤などです。

 

合成界面活性剤を使用したからといってすぐに問題が発生するわけではありませんが、長い間使用すると、手あれ、肌荒れ、アトピーなどを引き起こすと言われています。

 

さらに、皮膚障害、妊娠率の低下、発がん性が高まるとも言われています。

 

肌がデリケートな方はすでに、合成界面活性剤の使用をやめている方が多くいらっしゃいます。

 

 

カミソリのムダ毛処理をするとき

カミソリ

多くの石鹸やボディソープには合成界面活性剤を含む商品がありますが、お風呂に入った際に、ついついこれらのボディソープや石鹸を使ってカミソリでムダ毛処理をすることがあるかと思います。

 

合成界面活性剤は強い洗浄力で肌の皮脂をとりますから、肌の防御力が弱まった状態になります。

 

そこへ、カミソリでムダ毛処理をすると肌へのダメージがとても大きいです。

 

結果、合成界面活性剤を含むボディソープや石鹸の使用は赤いぶつぶつや色素沈着を促進しかねません。

 

そのため、カミソリでムダ毛処理をする時、合成界面活性剤を含むボディソープや石鹸は使用しないことをおすすめします。

 

 

コストパフォーマンスのよいおすすめ電気シェーバー

ボディーソープ、石鹸などを使わなくても電気シェーバーを活用すればムダ毛処理をすることができます。

 

こちらはお風呂でも使える電気シェーバーですが、ボディーソープ、石鹸などを使わなくてもちゃんとそれるタイプです。

 

人気もありコストパフォーマンスも高いのでおすすめです。

 

価格 3,280円 (税込) 送料別
送料 640円

 

【明日楽対応】お手軽なお値段で、お風呂で使え、水洗いOKの女性用ムダ毛処理電気シェーバー Panasonicのサラシェを楽天で見る >>

 

 

足の毛穴トラブルを解決に導く2つの方法

足の毛穴のトラブルを解決に導くには、「1.クリニックやエステで脱毛する」「2.足の毛穴トラブルを治す」の2通りがあります。


なかなか足の毛穴トラブルが解決できない方は、以下の記事も合わせてチェックしてみてください。


エステ脱毛

「1.クリニックやエステで脱毛する」向け


女性の足

「2.足の毛穴トラブルを治す」向け


人気の毛穴クリーム特集はこちら

今月のお得情報