光脱毛は足の黒ずみ毛穴や埋没毛があってもできる?治せる?

説明ねこ

脱毛エステサロンは永久脱毛は行っていませんが、ムダ毛のはいにくい状態にしてくれるので、自己処理が減る分黒ずみ毛穴(色素沈着)や埋もれ毛(埋没毛)は起こりにくくなります。

 

ところで、ムダ毛処理で発生した足の黒ずみ毛穴や埋もれ毛がある状態でも光脱毛はできるのでしょうか?

 

また、光脱毛は足の黒ずみ毛穴や埋もれ毛はきれいに治せるのでしょうか?

 

気になる疑問を調査してみました。

 

 

光脱毛のメカニズム

エステの光脱毛

光脱毛、フラッシュ脱毛、IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛など脱毛エステサロンごとに呼び名が異なりますが基本的な構造は一緒です。

 

この光脱毛は毛の毛根に対して光を照射することで、光の力で毛が再生する機能を弱らせる仕組みです。

 

この光のエネルギーは毛の黒いメラニンにだけ反応するのでお肌を傷つけることがない仕組みです。

 

 

ですが、濃いシミ、ほくろ、タトゥー(刺青)がある場合には光エネルギーが反応してヤケドを起こすため、これらの部位には照射には照射することができず、5〜10センチ離して照射する必要があります。

 

光脱毛と足の黒ずみ毛穴(色素沈着)

光脱毛は足の黒ずみ毛穴(色素沈着)があってもできるの?

濃いシミ、ほくろ、タトゥー(刺青)などに光エネルギーを照射してしまうと火傷を起こしてしまいます。

 

これは日焼けや色素沈着がひどい場合でも同じで、光エネルギーが反応するため火傷を起こす可能性がでてきます。

 

そのため脱毛エステサロンでは基本日焼けや色素沈着が治った後に施術をすることを勧めてきます。

 

程度によっては、うっすらしたした色素沈着に対して施術できる場合があるのですが、色素沈着の部分だけ効果が出にくくなる場合もあります。

 

 

光脱毛で足の黒ずみ毛穴(色素沈着)は治せるの?

ムダ毛の自己処理がなくなり肌への負担が軽減されるので肌のトラブル改善が期待できますが、光脱毛が直接色素沈着やシミを治すということではありません。

 

ですが、光脱毛の機器はもともとフォトフェイシャルという施術で使われ、毛穴を引き締め肌を明るくする目的で使われていました。

 

そのため、光脱毛は間接的にお肌のターンオーバーを促進させることが期待できるので、お肌を明るくし色素沈着(足の黒ずみ毛穴)が結果として目立たなくなる場合があります。

 

程度や個人差によって見込める結果が異なるため、無料で受けれるカウンセリングなどをうまく活用すれば明確にすることができますよ。

 

 

光脱毛と足の埋もれ毛(埋没毛)

「光脱毛は足の埋もれ毛(埋没毛)があってもできるの?」

脱毛エステサロンでは埋没毛がある場合施術をしてくれません。

 

光脱毛で埋没毛を施術したとしても、脱毛した毛は皮膚の中に埋もれたままとなり皮膚の外に出せなくなり残り続けるからです。

 

光脱毛で足の埋もれ毛(埋没毛)は治せる?

光脱毛には足の埋没毛を治す効果はありません。

 

脱毛エステサロンは直接埋没毛を治してはくれませんが、埋没毛が脱毛できる状態までケアしてくれる保湿クリームやローションなどを販売しているサロンもあります。

 

調査結果【まとめ】

今回は「光脱毛は足の黒ずみ毛穴(色素沈着)や埋没毛があってもできる?治せる?」という疑問を調査してみました。

 

色素沈着について

結果、色素沈着がある場合脱毛エステサロンでは基本施術を行ってくれませんし、光脱毛で直接色素沈着を治すことができないことがわかりました。

 

ですが、程度や肌質によっては施術可能な場合もあるため無料カウンセリングで個別にチェックすることでより明確になります。

 

色素沈着の原因と対応についてはこちら >>

 

埋没毛について

脱毛エステサロンは埋没毛を直接治してはくれませんが、埋没毛が脱毛できる状態までケアしてくれる保湿クリームやローションなどでサポートしてくれる場合があります。

 

埋没毛の原因と対応についてはこちら >>

 

おすすめ脱毛エステサロン

全国展開している銀座カラー、ミュゼプラチナムはサービスのレベルが高く、お値段もお手頃な脱毛エステサロンです。
※これらのエステは契約をしなくても無料でカウンセリングをしてくれます。

 

銀座カラー 脱毛キャンペーン
近くの銀座カラーを見てみる >>



近くのミュゼプラチナムを見てみる >>

 

どうしてもなんとかしたい場合

脱毛エステは医療機関ではないため、皮膚のトラブルに関する治療は行ってはくれませんが、医師が常駐しているクリニックでは色素沈着や埋没毛があっても対応してくれる場合があります。

 

エステもクリニックも足の黒ずみ毛穴(色素沈着)がある場合、光やレーザーの出力を弱めて照射する場合があります。

 

出力を弱めることでお肌に優しくなるためダメージをおさえることができるのですが、脱毛効果も下がってしまうデメリットがあります。

 

効果が落ちると施術する回数も増えるため、プランによってはコストパフォーマンスが悪くなります。

 

料金は高くなりますが、こういったトラブルにも対応できるのが「メディオスターNeXT」や「ハヤブサ」などの脱毛器を取り扱えるクリニックです。

 

これらの脱毛器は皮膚に対してとても優しいのですが、それに加え毛根をターゲットとするのではなく、バルジ領域をターゲットとするため、日焼けや色素沈着があっても対応ができるとのこと。

 

仕組み

バルジ領域

毛を育てる毛母細胞や毛乳頭などのメラニンを攻めるタイプのレーザーとは異なり、「メディオスターNeXT」や「ハヤブサ」はバルジ領域という毛を生やす命令を出す器官にアプローチをかけるタイプです。

 

 

 

ハヤブサ脱毛を扱うKM新宿クリニックを見る >>

 

 

費用をおさえて自宅でケアする方法

もし、クリニックの治療費が気になるようであれば、自宅で黒ずみ毛穴(色素沈着)や埋没毛をケアも可能です。

 

これらは時間をかけてじっくりケアしていくタイプでお肌に負担のかからない治し方です。

 

足の黒ずみ毛穴(色素沈着)のケア方法を詳しく見てみる >>

 

埋もれ毛(埋没毛)のケア方法を詳しく見てみる >>

 

 

足の毛穴トラブルを解決に導く2つの方法

足の毛穴のトラブルを解決に導くには、「1.クリニックやエステで脱毛する」「2.足の毛穴トラブルを治す」の2通りがあります。


なかなか足の毛穴トラブルが解決できない方は、以下の記事も合わせてチェックしてみてください。


エステ脱毛

「1.クリニックやエステで脱毛する」向け


女性の足

「2.足の毛穴トラブルを治す」向け


人気の毛穴クリーム特集はこちら

今月のお得情報